ZERO3ブログ

ストリートファイターZERO3の大会情報や動画の情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐUZ9 その1

もうすぐUZ9ということでZERO3の思い出話を書いてみようと思います。
mixiに書いたものと内容は同じですw

ZERO3の全国大会は第2回から出てたけど別に優勝したいとか
そういう気持ちは全くなく、ただ誘われたから出てみようかな、
位の気持ちだったのと当時特別仲がいい人もいなかったので
チームは適当に決めてました。
そんな調子で上に行ける訳もなく、いつも2回戦か3回戦くらいで
負けて終了。特に悔しさもなくただなんとなくやってました。

そんな自分の意識を変えるきっかけになったのが、UZD。
個人戦の代表が取れず、チームも例によって適当に結成で
まあそこまでのやる気はなかったです。
当日、会場に行ってみたら大きなホール貸し切りですごく
立派な大会だったのでびっくりしました。
個人戦の代表者は入場のときに紹介映像が流される豪華仕様。
(しかもこれがかっこよかった)
私はそれを見て「どうしてもっと本気でやらなかったんだろう…」と
初めて後悔したのでしたw

その後、関西で闘劇のような複数タイトル合同の大きい大会
(激闘劇場)が開催されることになりました。
UZDの後、ああいう大きい大会で優勝したいと強く思ったので
そのためには自分から動いて優勝を狙えるチームを組まねばと決意し、
全一春麗の林健治に「私と一緒に関西の大会に出ないか」と
声をかけたのでした。

なんでVの強キャラじゃなくてZ中堅キャラの春麗使いを
誘ったのかと言うと、健治君は大会での勝負強さがあって
この人と組めば上までいけそうと確信したから。
もう一人誰にする?って言ったら健治君がDARK元を連れてきて、
正直「Zキャラ2人ってマジですか?」と思ったのでした。
(あと一人は豪鬼かさくら使いを誘うつもりだった)
しかしこのZキャラ職人の2人が半端じゃなく強く、もくろみ通り
壇上まで行ったものの準々決勝の大将戦で円町かりんに負けて敗退。
終わったあとあまりに悔しくて泣きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ZERO3ブログモバイル版

携帯版ダヨ!!
QR

ブログ内検索

プロフィール

まほバル

Author:まほバル
ヒョー

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。